2010年 09月 22日

収穫前の田んぼ

 2010年9月22日

 数日前の田んぼ。
 収穫目前、自重に耐えきれず横倒しになった稲穂。

 確か、この田んぼのお百姓は、はさ掛けだったよなー。
 収穫、大変そうだなーっと、思いながらパチリ。

a0111190_10135792.jpg


 大型のコンバインだと、稲穂の4列から6列くらいを一気に刈り上げコメはタンクに、茎の部分は裁断され田んぼに撒かれます。 けれど、はさ掛けの場合、バインダーという手押し機で、1列から2列を刈りとって、バインドで縛って、ぽんっと投げ出されます。
 これ、普通に立ってるのならそんなに苦にならないけど、稲が寝てるとなるとその何倍もの時間と手間が掛かります。そんでもって 刈りとりがやっと済んでから、やぐらを組んではさ掛けしてくとなると、一日で済む仕事が二日に。
はさ掛けして、天日で干したほうがコメが美味しいと言いますが、実のところ、その美味しさが分かるのは、お百姓さんだけ。 一般のスーパーで売ってるコメは、おいしいブランド米だとしても機械乾燥したもので、天日干しの手間暇掛けたおいしいお米のほとんどは、一般消費者の口には入りません。
そんな美味しいお米をせっかく作ってるのにもったいないって思いますが、そんな手間暇掛けても、機械乾燥したお米と同じ単価じゃ、逆にそっちのほうがもったいない。 はさ掛けして天日干しした米なら、一般の倍くらいの価格じゃないとね。

 でも、やっぱりそれくらい高くても、丹精込めて手間暇かけたお米はやっぱり美味い。
 いったい何が違うかと言えば、一番はそのお米の粘り、食感でしょうね。
 機械に入れて数時間で乾燥させたお米と、天日にさらして数日掛けて乾燥させたお米。

 違って当たり前です。





にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2010-09-22 10:44 | しぅば犬


<< 急げ!      散歩道、帰り道。 >>