2010年 12月 03日

氷結の朝

 2010年12月3日

a0111190_9213290.jpg


 霜が降りた昨日の朝は、その名の通り「氷結の朝」。
 風もなく冷気が降り立った大地の全てが氷結し、雪で銀世界になるそれとはまた違った幻想的な白い世界。
 湿度0パーセントの空気はとてもクリアで、深呼吸をするとそれこそ五臓六腑に沁み渡り、体の隅々まで浄化されたような、新鮮で新しい体を手に入れたような気分になる。

a0111190_9181076.jpg


 ぼくのそんな爽快な気分をよそに、しぅは最初こそいつものように駆けだしたけど、すぐにつまらない世界だと感じたようだ。 なぜなら、地面から湧き立ついつものパトロールで勤しみうる情報すら氷結し消えてしまっていたからだ。 ぼくはつまらなさそうにトコトコ着いてくるをしぅを見やり「ざまみろー」とシャッターを切り、「ふん」と鼻を鳴らすしぅを従えて、年に何回かくらいしかない、雪が降り積もってしまったら味わえないこの氷結の朝を満喫した。


a0111190_9351761.jpg





 次のエントリーは、週末「華麗なるおっさん旅行」に出掛けるので、火曜日以降になります(笑)
 それではみなさんよい週末を!w


にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2010-12-03 09:41 | しぅば犬


<< 北陸サーファー      流れ雲と浮き雲 >>