2011年 01月 26日

しぅとせいの立ち位置

 2011年1月26日

 昨日のコメントからの話の流れとして、しぅとせいの関係について。
 うちの群れの順位は、もちろん家長たるぼくがリーダーであることは揺るがない。
 そして母ちゃん。
 しかしあくまでこれは群れを形成する順位であって、必ずしも実権を握っているとは限らない(汗)
 事実、何かどこかに行くだとか家族で行動する場合、もしくは何かを購入する場合、最終的な決裁権を持っているのは母ちゃんで、ぼくの要求は非情にも却下される場合が8割。
 なので、ぼくの場合の単独行動での承認懸案事項は、基本的に全てを計画した上での事後報告にしている(爆)

a0111190_1011513.jpg


 ま、それはさておき。

 しぅとせいの順位については、実に微妙なラインを迎えようとしている。
 それは、しぅにとって由々しき問題でもあるが、ぼくらからすると少し楽しみな問題でもある。
 兄弟のいる家庭に育った方なら身に覚えもあると思うけど、お兄ちゃん、お姉ちゃんという立場は、いつの時代も理不尽な理想を押し付けられる。
 「あんたはお兄ちゃんなんだから、我慢しなさい!」
 「お姉ちゃんなんだから、もっとしっかりしなさい!」
 この憤懣やるかたない親の理不尽な言葉をあなたはどう受け止めるだろうか?

 ちなみにぼくは次男なのでいつもこの言葉を聞くと心の底で、「ざまーみろー」と思っていた(爆)

a0111190_10123214.jpg


 いま我が家でしぅはその立場にいる。
 いくらしぅが人間臭くても、やはり犬だ。 分かるわけがない。

 そう思う?

 いや、実はね、分かってるんです。 しぅは分かっていて理解している。

 まだ小さくて弱いせいがどんな時も優先されてしまうこと。
 いつもぼくや母ちゃんにべったりで羨ましく思っても、どうしようもないこと。
 せいは連れて行ってもらえるのに、自分は一人でお留守番しなきゃいけないこと。
 そして父ちゃんがいない時は、自分がせいを守ってやらなきゃいけないこと。

 そんなしぅのしている我慢や辛抱を、ぼくたちは痛いほど分かっている。
 だからぼくはあえてそんな理不尽な台詞を笑いながらしぅに言う。

 そしてこう付け加える。

 「しぅ、お前はお兄ちゃんだからな。 我慢も辛抱もしなくちゃ。 でもな、心配すんなよ? おれも母ちゃんも、お前を愛してる。 守ってやる。 お前もせいもおれの息子だ、大事な大事な息子だ」


 しぅがせいを守ってやらなきゃいけない存在として認めるようになってから久しく経つけど、
 最近はぼくたちからもせいを守ろうとするようになってきた。
 せいを叱りつけると、その間に割って入り、ぼくや母ちゃんをなだめようとする。

 まるで、「せいちゃんはまだ小さいんだから、仕方ないじゃん」とでも言うように。
 

a0111190_1011242.jpg




にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2011-01-26 10:17 | しぅば犬


<< ときどき飛騨 #47      大好きな母ちゃんと >>