2011年 02月 03日

パパと呼ばれた日

 2011年2月3日

 「ぱーぱー」

 昨夜、家に帰りいつものように激しいしぅばのごあいさつを受け、建戸越しに耳に入った言葉。

 「ぱーぱー」

 空耳ではない。
 ヨメでも、もちろんしぅでもない、紛れもなくせいの声。
 ぼくはすがりつくしぅばを放り投げ、建戸の向こうのせいに駆け寄る。

 いま、なんつった!?
 ぱぱっつった? せい、ぱぱって言ったのか!!!?

 ニマニマ笑う、ヨメとせい。

 「ぱーぱー、てー(来ての意)」と両手を差し出し、抱っこをせがむせい。
 即座に抱き上げ、いつものほっぺとほっぺのキスをする。

 「ぱーぱー、りー(ゼリーの意)」っと好物のゼリーをせがむせい。

 うんうん、よしよし。 ゼリーか? ゼリーが食べたいか?
 よしよし、何個でも食え、かあちゃんがダメって言っても、今日は「パパ」が許す。


 かわいい。 かわいすぎる。
 かわいすぎるやないかー!!!
a0111190_9113773.jpg


 2歳と3ヵ月経ったせい。
 これまで言葉らしい言葉もなく、同じくらいの子はペラペラしゃべる子もいるというのに、相変わらず片言とゼスチャーだけだったせい。 いくら男の子は発達が遅いとはいえ、少し心配していたここ最近。

 せいが、ぼくのことをパパと呼んだ。  嗚呼・・・(感涙)


 しかし、そこである疑問に気付く。
 ぱぱ? なんでパパ? これまで、「ちち」とか「とうちゃん」とか「お父さん」的な単語が会話の中で飛び交うことがあっても、「パパ」なんていう単語は出てきたこともないし、言わせようとしたこともない。 それに、贅沢を言わせてもらえば、できれば、「パパ」はやめてもらいたい。






 でも・・・ ま、いっか。



 かわいいから(爆)

a0111190_9324731.jpg


※ 画像はクリックするとおっきくなります。

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2011-02-03 09:32 | ひとりごと


<< 散歩道の静寂      しぅばの標的 >>