2011年 03月 18日

思いやりの「和」

 2011年3月18日

 地震が起きてから一週間。
 良くも悪くも、TVのおかげか、インターネットのおかげか、徐々に色んな事が分かってきて、色んな問題に直面してきている。
 原発問題、計画停電のこと、救援物資が届かない、いまだ行方不明で見つからない、連絡が取れない人がいる。 数えだせば切りがないくらい色んなことが、この一週間で起こってきている。

 そして今深刻な、日本全国で問題になってきているのが、買い占めの問題。
 明日は我が身と、もしかしたら明日来るやもしれない、もしかしたら来年かも知れない、いつくるか分からない災害に備えようと、買い占めている人たちがいる。 いや、もしかしたら、救援物資を送るつもりで買っている人たちもいるのかも知れないけど、いずれにしても、ここ飛騨高山でも同様のケースが起こっている。
 危機感をもって災害に備えることは、とても重要だと思う。
 けど、少し待ってほしい。 落ち着いて考えてほしい。
 それらの物資を、今一番必要にしている人たちが、この日本にいるということを。
 それらの物資を今か今かと、待ちわびている、明日は我が身じゃない、予断を許さない消えてしまうかも知れない命を繋ぎとめている人たちが、この日本にいるということを。

 ぼくたち被害のなかった地域に住んでる人たちは、電気もあり、温かいごはんが食べられ、自分のベットに寝られる。 懐中電気がなくたって、乾電池がなくたって、ガソリンがなくたって、明日どうにかなるわけじゃない。 それこそパンの耳でも、口に入れられるものが手に入るのだから、米だってなくたって死にはしない。

 ぼくたちは、買占めしなくても、死なないんだ。
 でも、いま、その物資が届かないと死ぬかも知れない人たちが、被災地にはたくさんいる。

 お願いだから、やめようよ、買占めなんて。
 もし買い占めてしまってる人たちがこれを見て少しでも気が咎めるようなら、半分でも、少しでも、救援物資に廻してもらえたらと思います。

 地震から一週間たち、みんなの思いやりの輪は、確実に大きく拡がってるといます。
 ぼくは日本人の美しさ、格好よさは、精神のその「和」にあると思っています。
 これからの東北の方々の復興は、その助け合う、支えあう、思いやる、ぼくらの気持が大切になると思います。
 その気持ちを大事したい。 ぼくはそう思います。

 先程、業界の組合から、「乾電池、ラジオ、懐中電灯」があれば救援物資に廻してほしいとの連絡がありました。 うちの会社にある在庫の手持ちは、乾電池(単一)がたった20個ほど。 もちろん全て持っていきます。 ラジオや懐中電灯の新品はありませんが、従業員に声を掛け、自宅に複数個あるのなら物資に廻そうとお願いしました。

 無理しなくても、自分に出来ることを少しでも。

a0111190_11304250.jpg



※ 画像はクリックするとおっきくなります。

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2011-03-18 11:35 | しぅば犬


<< 一日も早く      心にいつもウルトラマン >>