2013年 12月 09日

ソーラのおかげ? 薬の効果?

a0111190_14372574.jpg



a0111190_14374483.jpg


 今年の六月に八歳になったしぅば。
 実は去年の去勢手術を境に、尿漏れの症状が現れてました。
 とはいえ、医療ミスでというようなことではなく、主な原因は老化。
 最初の頃は、その症状が医療ミス的なことだったんじゃないかと心配もしたけど、色々とWEBでぐぐったりしていると、歳をとってから去勢手術をしたりすると、そういった症状になる子が多いということが分かり、あれから一年半諦めていました。
 ところがそんな先日、馳さんたちが高山に来た時にその話をしたところ、「治るかどうかは分からないけど、試しに自然療法のお医者さんに診てもらわないか?」というありがたい話をいただきました。
 ぼくらにとってはありがたいことこの上ない話。
 久々に軽井沢にも行けるし、馳さん達にもまた会えるし、そして何より、この時期ならまたあの「上海蟹」が食べられるかもしれない!!!
 ぼくは、馳さんの気持ちが変わらない内にと思い、その申し出を二つ返事でお願いをし、そして先日の週末に軽井沢へ行くことに。

 その自然療法というのを簡単に言えば、もともとその身体が持っている免疫システムを、漢方のような自然食材を効率的に身体に投与し強化させることで、自己治癒力をアップさせるといったもの。
 馳さんとこのワルテルに末期のガンが見つかり、普通なら二ヶ月しか持たないところを、元気に天寿を全う出来たのは、馳さんたちの愛情とその自然療法によるところが大きい。単なる延命療法ではない、「元気に長生き」という馳さんとワルテルの約束が守られたのは、その自然療法を探し出した、馳さんたちの愛情以外の何物でもないだろう。
 今回こうしてこの病院と縁が出来るのは、ぼくとしても願ったりかなったり。考えたくはないけれど、しぅばにもいつか「死」が訪れる。それはどうしようもない現実だ。佐久という軽井沢の隣町までの距離は決して近くはないけど、通院できない距離ではない。出来れば、しぅばもワルテルのように、元気で長生きしてもらいたい。その一心と少しの邪心。(笑)

 今回はとりあえずの初診。
 気さくでやさしそうな先生とのヒヤリングと触診。
 尿漏れの症状を話すと、「たぶんそれは去勢の時の全身麻酔で、腎臓に負担がかかったからで、いわゆる老化現象と考えていいでしょう。」という見解。毛根検査をして詳しいことは後日として、取りあえず薬を出しますんで。ということで、目薬のような入れ物に粒上の薬を溶かしたものをもらい、一日4~5回舐めさせてとのこと。
 そしてそれから二日たっての今朝。
 よめが悲鳴に近い声を上げた。
 「しぅ、尿漏れしてないよ!!!!」

 え? うっそ~~~~~ん     、、、である。

 でも、本当にしていない。 尿漏れしていない!!!

 こんな爽やかな朝は何年振りか!!?って感じ。 大袈裟だけど。

 しかし、若干、その薬とは別に、尿漏れが止まった要因があるような気がする。

 それは、ソーラだ。(爆)
 久々に女の子の匂いを嗅いで、金玉ない癖に股間の括約筋が締っただけなのかもしれない。


a0111190_14372956.jpg




a0111190_14375165.jpg





a0111190_14375822.jpg





 まあ、それも明日明後日には判明するだろう。
 佐久の自然療法の病院で免疫を上げ、ソーラの匂いで元気になる。  、、、のか。

 そしてぼくは、うししの晩餐。

 パーフェクトだ。(爆)

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2013-12-09 14:39 | しぅば犬


<< 冬、始まりました。      雪はまだ。 >>