カテゴリ:電気屋として( 4 )


2011年 06月 17日

これからの「電気」を考える ④

 2011年6月17日

 「太陽光蓄電独立運転システム」導入への障害について

 これまた前回より随分空いてしまいましたが、今回はぼくが提唱するこのシステム導入に向けての大きな壁となる障害、弊害について書いていきたいと思います。
 ぼくはそれについて大きく三項目に分けられると考えます。

 (1)目玉となる「大容量蓄電池」が研究開発段階であること。

 (2)現行の太陽光発電システムに加えての蓄電池購入は費用がかなり増えること。

 (3)商用電力と太陽光電力との別々の利用に、電力会社のコンプライアンスに抵触する可能性があることや、非常用電源としてではなく常用電源となることから、一軒に二系統の電力供給ラインの交錯の支障が心配されるなどの理由から「供給できません」と言いだす可能性も高い(二世帯住宅に類似したケースと位置付ける可能性もあり)。

 実際に導入可能になったとすれば、もっと細かい障害や弊害が起こるかもしれない可能性はゼロではないにしても、施工上・技術的な問題点はケースバイケースでクリアされると思います。ぼくが現段階で危惧するのは概ね以上の三項目です。とはいってもクリアできない問題は一つもありません。順を追って説明させていただきます。

 項目(1)については、既にシャープ製のもので試作品レベルまで来ているものがあると第一回目の時に紹介させていただきました。ですのでこの点については、時間の問題だと思っております。しかし出来ることならもう2~3社、国内のメーカーで開発していただき性能・機能面や価格面でも競争しうる状況でなければいけないということです。

 そして項目(2)こそが一番の問題で、これこそが普及に拍車を掛けるか掛けないかの大きな障害、弊害になりえます。今のところぼくが想定する蓄電池の価格は250~300万。
これは確かな情報でもありませんが、既存の小容量の蓄電池や交流変換器の相場価格から概算し、また搭載する制御機などがパック化されるとなると、やはり現段階はこれくらいの価格は想定されます。とはいえそこからの2~3割程度、価格が落ちたところが一つの目安になろうかと思います。個人的な希望からすれば、他メーカー各社の競合で150万円ほどで手を打っていただきたいところではありますが、いずれにしても導入に際しては高額であることには違いがありません。太陽光発電システムが同等程度の価格で推移しているのを見れば、設置工事込みでも500万円という金額が容易に想像できるわけです。
 これらを全て個人負担で購入と言うのは、現実的には数パーセントも普及しないことは目に見えております。ですのでここは国の支援が絶対条件になってくるわけです。これまでの太陽光発電導入に対するような補助金制度ではなく、リースシステムに対する支援策です。現状の補助金制度は事実上全くの無意味であるとぼく個人は感じています。
これはあくまでぼくが個人的に考える例ですが、家庭に設置される蓄電池は国からのリース品とし、8~10年ほどで国が引き取りメーカーが回収しリサイクルしてまたリース品として貸し出すシステムとします。個人負担となるリース料は月1~1.5万円。つまり前回にお話しした電気代が下がった分(2~3万円)より若干下げて充当した金額にするわけです。そして現状の補助金制度は撤廃です。なぜならその現状の紐付き補助金制度では家庭毎において、日照条件において、適切な発電量を確保する設備を設けることが事実上不可能だからです(工事金額上限が設定されているため)。太陽光パネルを最低レベルで試算してある国の制度では、日照条件の悪い地域や屋根面積の少ない住宅では絶対的な発電量が足らないのが現実で、いい条件の地域・住宅ではさらに補助金が得られるというのは公平ではありません。どのような条件下であっても国の制度は平等でなければならない観点からも、家庭用蓄電池を設置しその容量によってのリース金額設定が一番分かりやくすく平等です。太陽光発電パネル設置自体の個人負担は100%となってしまいますが、かえってその方がハイスペックなパネルが市場競争によりどんどん安くなる傾向になることは間違いがないのです。
 国が蓄電池流通についての管理の一端を担うメリットは非常に大きいと考えます。
なぜならまず品質が一定になること。国が認めたメーカーのみリース可能となれば、粗悪な商品の氾濫や悪質な訪問販売による詐欺まがいの犯罪も防止でき、リサイクル回収・処分においても不法改造や不法投棄を監視できることが挙げられます。そしてメンテナンス業務についても委託することで雇用も促進できます。
 このような面を考えても国の介入は、新しい枠組みとして必要不可欠といえますし、一般家庭で安心して投資、導入できるシステム造りこそが短期で大幅に普及できる鍵となります。費用対効果プラス「安心」が絶対条件といっても過言ではないと考えます。そこを国が担うわけです。

 そして項目(3)ですが、目先この電力会社のコンプライアンスは大きな壁となりえます。しかし、国が上記のように本格的にこの策に乗り出せば、問題は全てクリアされると言えます。特に今原発問題に揺れる電力を取り巻く世論があれば、自ずと電力会社自体が推進せずにはいられない状況になるでしょうし、電力事業に新しく孫社長率いる「自然エネルギー財団」が参画してくるとなれば、電力会社もそれに傾倒していくしかないと考えます。少し乱暴な想定をすれば電力会社の収益は半分になるかも知れませんが、これまでの政治への外的介入や利権争いによる軋轢は大幅に縮小されるでしょうし、それこそが新しい「自然エネルギー大国、日本」のあるべき姿ではないかと思います。
 いずれにしても目下危惧する問題であったとしても、将来的にはその流れの中で解消されていくと思っております。

 ぼくの提唱する「太陽光蓄電独立運転システム」導入にはそれなりの費用は嵩みますが、国のシステム支援実行で、その費用に対する効果・メリットはデメリットを大きく上回り、そして何より安心がプラスされることが非常に大きな特徴といえます。

 この度の「震災被害」は教訓として、新らしい日本を作り上げる切欠としなければなりません。被害地域の復興は第一として当然ですが、どうせ生まれ変わるなら強くならなければ意味がない。

 ぼくは強くそう思います。


a0111190_9504123.jpg

※ 画像はクリックするとおっきくなります。

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2011-06-17 09:50 | 電気屋として
2011年 05月 26日

これからの「電気」を考える ③

 2011年5月26日

 これからの「電気」について考えると銘打ったこのカテゴリー。
 定期的に書いていきますと言いながら、またまたずいぶん間が空いてしまいましたが、今回は、これまで提唱してきた、「太陽光蓄電独立運転システム」が、具体的に、どれほどのメリットがあるのかを書いていきたいと思います。
先に言っておくと、既に現行の太陽光発電システムを導入されている方も、この独立運転システムに移行することは、多少の費用が掛かりますが施工可能ですので、このままご一読いただければと思います。

 まず、太陽光という無尽蔵な自然エネルギーについては、いまさら感もありますので省きます。 そして、その弱点と矛盾点についても、書くことを控えます。 何故かと言えば、ぼくがこれから書いていくことを読み進めていくうちに、みなさんもお気づきになるだろうことを予想するからです。
なので、まず、簡潔な結論からぼくがシュミレーションした具体的な効果から書いていきます。

 ずばり、このシステムを導入すると、これまでオール電化契約で電力会社に払っていたお金は、1/3から極端に言えば、月あたり数千円で済みます。 これは確信をもって断言できます。 つまり、これまで3万円払っていたかたは、1万円未満で済むということです。 それは何故かというと、太陽光で発電し蓄えた電力を、これまで昼間しか使えなかった夜間も利用できることで、電力会社との連携を取る必要は皆無になり、全体の電力の7割以上を区分けすることで、電力会社との契約電力を9kwの方は4kwにというように、減設できるからです。 要するに、基本料金自体が半分以下になります。 ここで一つの矛盾点に気付く方もいるでしょう。 せっかく太陽光発電を導入してるのに連携を取っているせいで契約自体、太陽光発電を導入していない方とほとんど変わらないことについてです。 そして現行のシステムの販促の目玉になっている、余剰電力を電力会社が買い取ることでお得といううたい文句が、実際はちっともお得になってないことにも気付くと思います。太陽光を独立運転系統に振り分けることで、減設した商用電力の基本料金のみでの年間のトータルを計算しても、そこは万単位で安くなります。

 ちなみに、ぼくの家の場合は、太陽光発電はなしの、オール電化契約の9kVAで、基本料金は、2100円。
 それを減設し、従量電灯B契約の40Aにすると、約1100円。
 年間、12000円の差が出ます。(ぼくの話の基準は全て中部電力管内においてです。)
 そして電力使用料金ですが、ぼくの家では、実際年間40万円ほどトータルで払っています。(別添のシュミレーション表とは2割程度違います。)基本料金を差し引いて、これからのご時世、節電に勤しんでも、35万円は下らないだろうと思います。 そしてその電力使用料金が1/3になるとすると約11.7万円となり、基本料金を足しても年間トータル15万円ほどで済んでしまう計算になります。 しかもこれは、電力会社からの電力と、太陽光蓄電システムを併用した場合の計算になるので、ほぼ太陽光蓄電出力のみで生活するスタイルでフル活用するとすれば、年間電気使用料金10万円を切る可能性は大いにあると断言できるわけです。
ただし、だからといって電力会社からの供給はいらないだろうということにはなりません。 ほぼ100%太陽光のみでの暮らしが確立できても、電力会社からの電力供給は絶対に必要です。 なぜなら、太陽光発電には最大の欠点があるからです。 天候によって発電量が上下するという弱点は、日常の生活において電力不足になるかもしれない可能性はゼロではないからです。特に飛騨高山のように山々に囲まれた寒冷地においては、日照時間も短く積雪による発電量が下がってしまうことは明白です。要するに、太陽光と商用電力を併用することでお互いの弱点を補っていく必要があるわけです。ちなみに商用電力の最大の弱点は災害時における長期停電と、原発停止云々による全体的な電力不足です。

 これまで二回について書いてきた現行の太陽光システムから商用電力との連携を取らない形の次世代住宅電力は、蓄電池を備えることで太陽光を独立稼働で利用できるようになり、その大きなメリットがまず金額面でも光熱費を1/3削減できること、商用電力を同様に1/3削減できることで、相対的に電力発電量をCO2と共に削減することに繋がります。
また、重複しますが、先般の震災による電力諸問題はほとんどの場合で回避することができ、近い将来おきうる東海沖地震が発生し商用電力が長期停電したとしても、多少の不便はあったにしても最低限の生活環境は維持できます。さらに、避難所になっている学校や集会所においても設置することで、家屋が倒壊したなどの被災者の方々の避難所生活支援としても大きく活躍が期待できるものだと思います。

 そしてこれからの地球環境を改善もしくは維持していかなければならないことが大前提となっていくエネルギーの確保と利用は、みなさんの生活環境の改善と家庭内インフラ整備の一つ一つの積み重ねが、結果として災害に強い国土造りに繋がっていくものだと確信します。これから新たに蓄電池がない状況で太陽光発電を考えている方も、既に設置されている方でも、電灯分電盤の回路分けをすることで、このシステムに移行することは可能ですし、もちろん既存の住宅に設置することも可能です。
今回の震災で、オール電化住宅の弱点が露呈された結果になりましたが、この蓄電池を備えた独立運転システムであれば、気に病む必要はなくなります。むしろ、率先して推進すべきものであると思います。(多少ここには電気屋としての希望もありですがw)

 お時間のある方は、下記のシュミレーション図と表を参考にしてみてください。
 恥ずかしながら我が家をベースに作成してみました。
 ぼくの家は、電気屋の家として当初モデルハウス的な向きもあって、少々過剰な電気設備になっていますが、対比的な部分ではそんなに大きな違いはないと思います。論より証拠として見ていただければと思います。


 そんなわけで、今回はかなり長文になってしまいましたが、次からは夢ではない現実的なところに踏みこんで書いていきたいと思っております。実のところ、光熱費が安くなっても、実際に導入するとなった場合の設備投資的なところも書いていかないと、詐欺や単なる煽り屋になってしまいますので(笑)

a0111190_1156246.jpg




a0111190_1152387.jpg


a0111190_11565464.jpg


a0111190_1157185.jpg


a0111190_11573752.jpg

※ 画像はクリックするとおっきくなります。

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2011-05-26 12:02 | 電気屋として
2011年 05月 10日

これからの「電気」を考える ②

 2011年5月10日

 先日、中電の社長が管総理の要請に沿って、浜岡原発を停止することを条件付きで承諾した。
 ま、当然の流れだと思いつつ、元々、中電管内の総発電量の内、浜岡原発の発電量は一割強程度(約360万KWh)ということを考えれば、お金もかかるし大変だとしても企業努力で賄える範囲じゃないかと個人的には思います。 そう思うと、政治的に「浜岡原発停止要請」をした背景には、浜岡原発を停止しても市民生活に影響が少なく、元々立てた場所が東海沖大地震予測の央震地という点からしても、この政治判断は別段、大した英断でもないと思ってしまうのは一般的なものの見方ではないでしょうか。
逆に「原発を停止」という単語一つがこれから波及すると思われる、日本全国または世界を巻き込んだ事例として、これからの日本、管政権は、「じゃあ、これからどうするの?」というエネルギー問題の矢面に立ってリーダーシップを取っていかなきゃならない立場に立ったと言える点では、フランスに代表される原子力エネルギー依存国家からの反発や圧力に負けない対処をしなくてはならない、所謂、パンドラの箱を開けてしまった中で、「日本は、こうするんだ!」という力強い信念が本当にあるのかと穿った目で見てしまう。
そんな重々たる覚悟の上での判断で、その問題に対しての「考え」があるなら、今回の件は歴史に残る英断になるかも知れないけど、相変わらず、取りあえず的なところで、国民に「いい顔」したいだけだとしたら、結局、利権がらみの素の木網で、そのケツまたじは国民に振られる形になるような気がする。 と、言うか、きっとそうなるだろうと思ってしまう。 んま、その前に今の政権自体が、具体的な議論や施策に入るまでに続いてるとは到底思えないけど。

 それはさておき、いずれにしても日本はもとより世界的にも、「脱・原子力」の風潮が、より大きな舵取りになっていくことは、誰しもが否定は出来ないだろうと思う。 最近のTVニュースでもよく目にするようになった「太陽光」関連の話題や、つい先日はシャープの社長が出演し、この「太陽光発電」について次世代の代替エネルギーとなりうる可能性について熱く語ってもいた。 また大阪・滋賀の両知事の提唱や、ソフトバンクの孫社長の「自然エネルギー財団」の設立案からしても、これからの時代、この「太陽光発電」抜きには新エネルギー事情は語れないだろうと思う。

 太陽光発電の大きな利点は、日が差す限り無尽蔵に発電すること。
 そして逆に最大の弱点は、天候に大きく左右されること、そして蓄電出来ないこと。
 しかしその最大の利点を得るための大容量な「蓄電池」があれば、その弱点は全てクリアされる。
 あとの問題は金銭的な面。 初期投資と、メンテナンス費用。

 しかし、そんな大いなる覚悟を国が持ったなら、これまで「原子力」関連につぎ込んでいた税金を補助金や支援策に廻すことで、新たな雇用の創出にもなり、二酸化炭素削減、地球温暖化ストップにも貢献することが出来る。 まさに地球にとっても、人にとっても良い事づくめ。
そして「太陽光蓄電システム」で、独立運転できる家庭環境が日本全体の3割でも整えば、今回ような震災でも計画停電する必要もなくなるし、亡くならずにすんだ方も多数みえると思う。 ぼくたちは地震大国に住んでいるんだという危機感からくる防災意識は、この先忘れることはないだろう。 またこのシステムを、避難所に指定してある学校や集会所、または病院に設置することもそのケース応用の一つだと思う。

 難しいことは何一つないと断言できる。
 唯一つ、「大容量蓄電池(8~10KWH)」さえ出来さえすれば。

 シャープさん! 早く作って!!!

a0111190_10411656.jpg

※ 画像はクリックするとおっきくなります。

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2011-05-10 10:53 | 電気屋として
2011年 04月 20日

これからの「電気」を考える ①

 2011年4月20日

 今日は少し真面目な話をしたいと思います。
 ぼくの本業は「電気工事」です。 その立場から、今回の大震災を受け、思うこと、考えることを、このブログの中に新しいカテゴリーとして書いていくことで、その情報が少しでも皆さんのお役に立つことが出来ればと思います。

 みなさんは、「オール電化住宅」の弱点についてご存じでしょうか?
 もちろんこれまで興味のなかった方には、「オール電化」という単語自体知らないという方もいると思いますので、簡単に説明すると、これまでガスや灯油などで使用していたコンロやボイラーなどを、全て電気製品で賄う。 全てのエネルギー源を電気にするということです。 代表的なものは、ガスコンロをやめてIHクッキングヒーター、灯油ボイラーをやめてエコキュート、石油暖房機をやめてエアコンにするということです。

 今回のような震災を受け、これまでも危惧されていたオール電化住宅の「弱点」が露呈されました。
 確かに、オール電化住宅は、環境にも家計にも優しくお得です。 そして何より住宅火災が起きにくいという安全に対するメリットも大きい。
 けれど、停電になってしまえば、調理も出来ない、お風呂も入れない、暖が取れないというリスクが当初からあったわけです。 もちろん、導入されている方々にとって、そのリスクは周知の事実で、これほどまでの長期停電自体が想定外とすれば、仕方がないと諦めている方も多いと思います。しかし、現実にその弱点が露呈されてしまった以上、このままではこの先、オール電化にしようと考えていた方々は導入を断念するでしょうし、ぼくらとしても、これまでのようにお客さんに勧めることが出来なくなってしまうでしょう。
 けれどそれは、オール電化に代表されることに限りません。 省エネ対応住宅(ガスヒーポン、エネファーム)としても同様の問題があります。 どちらにしても、停電時では利用できないからです。

 じゃあ、これまでの方式でいいんじゃない?って話になってしまいますが、それでは「地球温暖化ストップ」という根本的なガイドラインから外れてしまいますし、今回の震災から派生した原発問題からしても、何の解決策にはならないと考えます。

 ぼくはその問題点からなる全ての解決策の糸口は、太陽光発電システムにあると考えます。
 従来現行の太陽光発電システムに「蓄電池」を搭載しての、次世代型の新システムです。
 ただしその蓄電池はこれまでにある容量(1~5KWh)では足りません。 最低でも、4KWh以上出力できるものを搭載してのシステムです。 そしてこれを独立運転で利用します。 これまでの太陽光システムのように、商用電力(電力会社からの供給電力)との連携はしない方式です。
 そうすることで、災害時でも、長期停電時でも使えます。 もっと極端な言い方をすれば、電気代ゼロという家庭も出てくる可能性もあります。

 そこで、ぼくは実際にぼくの自宅にそのシステムを導入した場合のシュミレーションをしてみました。
 これについての詳細なデータや図面を作成中ですのでまとめあげましたら、またブログでも紹介したいと思っています。

 結論から言いますと、商用電力系統と新太陽光蓄電独立運転システムを併用していくと、電力会社への電気代は少なくても半分から3分の1に減ります。 電気代が減るんですから、余剰電力を電力会社に売る必要は全くなくなります。 当然、災害・停電時でも電気が供給されます。 もっと大きなことを言えば、日本の半分以上の家庭でこのシステムを導入すれば、原子力発電所はいらなくなります。 実際に、電力会社も二酸化炭素削減するという国の方針から、太陽光発電によるメガモジュールなる大容量の太陽光発電所を建設中、もしくは計画中ですので、それと既存の火力・水力発電所との併用で十分電力は賄えます。 これらからするメリットは膨大なものになると考えます。 日本にとっても、世界にとっても、地球にとっても、です。

 ただし、目先の問題点がないことはないです。
 一番の問題は、いまだそこまで出力される蓄電池の開発が実用化に至ってない件。
 目下、一番ぼくが有力だと思えるのが、EV自動車のバッテリーを利用したシャープの蓄電池(インテリジェントパワーコンディショナ)。 これが市場に発売されれば、新システム導入への切欠になると思います。
 そして、設置費用の問題。
 新設の際、太陽光発電システム300万、蓄電池システム250万、電気工事費50万とざっくり概算しても、約500~600万に上ると思います。 改修・改造に関しても約300万となり、かなり高額な費用になります。
しかし、これらについても、国からの助成や補助金、製作メーカーの企業努力に加え蓄電池の寿命期を換算してのリース利用を構築すれば、現実的な価格にまで落とせる可能性があります。

 今回の震災からの教訓を生かし、これからの災害に強い国土造りを国が真剣に考えるなら、このシステム普及促進は、電力会社一極集中利権を分散し、原子力発電機能になりかわる、家庭内インフラ強化を進めていくべきだと、ぼくは思います。

 ぼくは、このシステム普及にある種の「使命感」を感じます。
 いま儲けるだけが商売じゃない。 本当にいいもの、正しいものが、十年後、百年後の日本を構築し、美しい地球環境と共に、人が笑って暮らせる社会造りの一端がここにあると思います。 もちろん、ぼくがぼくの力で何かを変えるということを言ってるわけではありません。 ぼくが発しなくても、きっとこのシステムは一つの選択肢として、この先脚光を浴びていくと思います。 ただその時に気を付けていただきたいのは、そのシステムが商用電力とは連携を取らない形であるかどうかです。 その点についてもこのカテゴリーで書いていきたいと思っています。

 どうも一発目なので、ついつい熱が入り長くなってしまいました(汗)
 分かりにくかったら、ごめんなさい。
 次回からは出来るだけ分かりやすく、要点だけに絞って、定期的に書いていこうと思います。

a0111190_11191831.jpg

※ 画像はクリックするとおっきくなります。

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ ← ぽちっとお願いします。^^

by silvadog | 2011-04-20 11:19 | 電気屋として